副作用とは

フィンペシアに限らず、どのような薬であっても副作用はあります。そもそも、副作用とは本来の目的とは異なる効果が現れた場合に使われる言葉です。良い効果も含めて、副作用というのです。

元々は違う薬だった

フィンペシアの元となる薬プロペシアは元々前立腺肥大症の薬として開発され、利用されていました。良い副作用で髪の毛が生えるという効果が現れたてAGAの治療薬となったという背景があります。

男性機能の低下

フィンペシアによる副作用には、男性機能の低下があります。具体的にいうと、ED(勃起不全)や精子の量の減少などが挙げられます。しかし、副作用が発症するのは、極稀であり心配ありません。

プロペシアの代替品

AGA(男性型脱毛症)は、男性の薄毛の原因としてもっとも大きな割合を占めています。男性にのみ発症するAGAは、早ければ思春期を迎えた頃から症状が現れます。
所謂若ハゲと呼ばれるのも、このAGAが原因のほとんどを占めています。
最近ではAGAに関する知名度も上がっていて、治療方法があることも徐々に浸透しつつあり、多くの男性がAGAの治療に励んでいます。
特にAGA治療薬である「プロペシア」は効果を実感する男性が多く、人気があります。
そんなプロペシアのウィークポイントが、高価な薬であるという点です。
プロペシアは継続して飲み続ける必要がある薬ですが、その費用から諦める人がいます。
そんな人も手軽に利用できるのが、フィンペシアです。
フィンペシアは、正式にはプロペシアのジェネリック医薬品というわけではありませんが、含有されている有効成分「フィナステリド」は同じ量配合されています。プロペシアの正式なジェネリックは2019年にならないと開発ができないため、その代替品としてフィンペシアは利用されています。
インドの製薬会社が発売しており、日本でも個人輸入代行を行っている通販店などで購入することが可能です。
安く購入できることもあり。人気があります。1年を通して利用したとしても、病院で処方される1ヶ月分とほとんど遜色ない値段で、同じだけの効果が得られます。AGAの治療をしたいと思っていても経済面で負担がかかると思っている男性は、利用を検討するとよいでしょう。

プラシーボ効果

フィンペシアの元となった薬プロペシアの実証実験を行ったときに本物の薬を飲んだ人より、偽薬を乗んだ人の方が多く男性機能の低下を訴えたため、副作用を訴える人のほとんどはプラシーボ効果によるものだといわれています。

ED治療薬

フィンペシアにより、男性機能が低下する可能性は実証実験により、1%程度だといわれています。しかし、仮に副作用が現れたとしても、バイアグラなどのED治療薬を服用すれば性生活に影響を及ぼすことはありません。

通販店で購入

フィンペシアは通販店でプロペシアより格安に入手することができます。副作用の心配も少なく、経済的なフィンペシアは多くの男性から支持を得ています。AGA治療にお金をかけたくないのであれば利用を検討してみましょう。